9月の最近の記事

川とあそぶアート展

さんいんパル
0

廃材ダンボール、ゴミや漂流物、浜田市内の工場から出た布などを使用した廃材アート。
最新機器を使用したメディアアート。
約30mの展示室壁面を浜田川に見立てたインスタレーション作品など、"川"をテーマに6組のアーティストが制作した様々なアート作品を紹介。
作品をみるだけでなく、触ったり、つくったりして、楽しみながら川の大切さ、そして自然環境について思いを巡らせる展覧会です。
《出品作家》
小山一馬、マキコムズ、plaplax、淀川テクニック、浅野耕平+Team111、
8月限定:原倫太郎+原遊

※休館日/7月19日・25日、8月29日、9月5日、12日、20日

詳細について確認する

-------------------------------------------------------------------------





一条ゆかり展

さんいんパル
0

ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!
少女漫画のクイーン・一条ゆかりの原画を一挙展示!

ドラマチックなストーリーと華やかな画風で人気を獲得し続ける少女漫画のクイーン・一条ゆかり。
貴重な初期作品や代表作「デザイナー」「砂の城」「有閑倶楽部」「正しい恋愛のススメ」「プライド」などの原画を中心に、人生の全てを漫画に捧げ、トップを走り続けた一条の約50年にわたる画業を紹介致します。
作品保護のためカラー原画の展示替えを行います。
・前期:7月16日~8月15日
・中期:8月17日~9月12日
・後期:9月14日~10月16日

※休館日/火曜日

詳細について確認する

-------------------------------------------------------------------------





石本正 自由に楽しく-がんばったらあかんで-

さんいんパル
0

「絵を描くのは楽しいからな。がんばったらあかん」。晩年に口ぐせのように言っていたこの言葉は、絵を描くことが大好きな多くの人々に向けられたメッセージです。
絵を描く喜びと生き生きとした生命力にあふれた晩年の作品に焦点をあてながら、画家としての個性が築き上げられていった若い頃の作品とともに、自由に楽しく描き続けた石本正の画業のあゆみをご紹介します。

※休館日/月曜日(祝日の場合は翌平日)
 8月29日~9月9日展示替えのため

詳細について確認する

-------------------------------------------------------------------------





この9月に指揮者:広上淳一をアーティスティック・リーダーに迎えるオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)。人気・実力ともに日本を代表するヴァイオリニストの神尾真由子を迎え、マエストロ広上とOEKが創り出す濃密な時間を新しいホールでお楽しみください。

【プログラム】
コダーイ/ガランタ舞曲
ピアソラ/ブエノスアイレスの四季
ベートーヴェン/交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

詳細について確認する

-------------------------------------------------------------------------





恐竜の世界へ行ってみた

さんいんパル
0

どうして!?なぜ!?
夏のサヒメルで恐竜たちの謎に迫ろう!

身近な中国地方から、はるか南米まで・・・
恐竜たちはいろんな場所で暮らしていました。
本展では、日本または世界の恐竜を紹介するとともに、それらが生きた時代の環境について考えます。
期間中は、ビジュアルドーム特別番組「恐竜超世界」も上映します。

※休館日/7月19日、9月の毎週火曜日

詳細について確認する

-------------------------------------------------------------------------





松江今昔-美術と文学にみる風景のうつろい-

さんいんパル
0

画家、写真家 そして文学者たちが愛した松江
大正から昭和の松江を描いた絵や写真を展示し、なつかしく美しい風景をお楽しみいただきます。
また、松江の風景のすばらしさやおもしろさを語った随筆などの文学も紹介します。
これらの芸術は、わたしたちが気づいていなかった風景のすてきな一面を教えてくれます。この展示を見た後は、ぜひ実際に街や自然の中を歩いてみてください。きっと、新しい松江に出会えます。

※休館日/月曜日(9月19日は開館)、9月20日

詳細について確認する

-------------------------------------------------------------------------





簸上鉄道&木次線 特別企画展

さんいんパル
0

木次線は大正5年、簸上鉄道として開通しました。
その簸上鉄道開設んい尽力したのが、絲原家13代当主・武太郎です。
令和5年、木次線を走り続けたおろち号が、勇退します。
絲原記念館では、その縁あるおろち号に感謝の気持ちを込め、特別企画展を開催することにしました。

※休館日/水曜日
 展示替え日(3月・6月・9月に各5日間)

詳細について確認する

-------------------------------------------------------------------------





閲覧回数ベスト30