山陰の美術館・博物館情報

【年末年始の休館、また内容が変更になる場合があります。ご確認のうえお出かけ下さい。】

bijyutukan.gif 米子市美術館 ℡0859-34-2424 休館日:毎週水曜日

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

 

【 若手作家支援展「朝倉弘平 雲わく庭から」 】

2022年2月11日~3月6日

郷土ゆかりの新進気鋭の作家を発掘しその育成を図る「若手作家支援展」。

鳥取県大山町在住の画家・朝倉弘平の活動を紹介します。

身近な庭先の向こうに拡がる「生命の循環」をテーマに、12年分の原画を

含む約100点を一堂に紹介します。

◆観覧料 無料

bijyutukan.gif 足立美術館 ℡0854-28-7111 年中無休

 

◆入館料 大人:2300円、大学生:1800円、高校生:1000円、小中生:500円

 

【 冬季特別展 2021 】

2021年12月11日~2022年2月28日

●大展示室 日本画散歩 絵の中に入って楽しむ

雄大な山々、のどかな田園風景、人が行き交う街角、画家が思い描いた想像の風景

など、様々な景観が描かれた日本画を展示します。絵の中を散歩するように、想像を

膨らませながら日本画の世界をお楽しみください。

 

●小展示室 着物の美

華麗な舞妓や、はんなりとした京美人、浴衣姿の婦人など、和装の女性を描いた作品を

ご紹介します。季節や情景を連想させる文様や、容色を引き立てる艶やかな色彩など、

女性を彩る着物の美にご注目ください。

 

 

●大観室 冬の横山大観コレクション展

富士図の大作「神州第一峰」を中心に、大観の日本を想う気持ちが感じられる風景画や

繊細な花鳥画などをご紹介します。初期から晩年に至る大観作品の魅力をお楽しみ

ください。

 

●新館特別展 現代日本画名品選Ⅳ 華やぐ日本画

2021年11月3日~2022年3月14日

1階にて色彩感覚の豊かな作品を、2階では現代の日本画壇を代表する画家たちによる

壮麗な名品の数々を展示します。色鮮やかな人物画や大画面に描かれた雄大な風景が

など、華やぐ日本画の世界をお楽しみください。

 

bijyutukan.gif 島根県立美術館 ℡0852-55-4700 休館日:火曜日

 

◆改修工事のため、全館休館中。再開館は2022年5月予定

 

bijyutukan.gif 島根県立石見美術館 ℡0856-31-1860 休館日:毎週火曜日

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

 

【 企画展:美男におわす 展示室D 】

2021年11月27日~2022年1月24日

絵画をはじめとする日本の視覚文化に表された美少年、美青年のイメージを

追い、人々が理想の男性像に何を求めてきたかを探る試みです。

時代やジャンルを問わず様々な男性像を一堂に集め、名作品の制作や受容の背景、

女性像との違いなどについて考えます。

◆観覧料:一般1000円、大学生600円、小中高校生300円

 

【 コレクション展:夢想 絵画に見る詩的表現 展示室A 】

2021年12月22日~2022年2月7日

◆観覧料:一般300円、大学生200円、小中高校生無料

 

【 コレクション展:「美人」をうつす 展示室C 】

2021年11月18日~2022年1月10日

「美人画」という言葉が女性像を表してきた歴史をふりかえり、企画展で紹介する

男性像との共通点や相違点について考えます。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、小中高校生無料

 

bijyutukan.gif 島根県立古代出雲歴史博物館 ℡0853-53-8600

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

 

【 企画展 出雲と都を結ぶ道-古代山陰道- 】

2022年3月18日~5月15日 [休館日/4月19日]

古代山陰道とは現在の島根県・鳥取県・兵庫県北部・京都府北部からなる

広域行政区分です。この企画展では古代山陰道やその他の交通関係の資料を

取り上げて、古代の道路が果たした役割を紹介します。

◆観覧料:一般700円、大学生400円、小中高生200円

 

bijyutukan.gif 鳥取県立博物館 ℡0857-26-8042 休館日:毎週月曜日

 

【 企画展 小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 】

2022年2月11日~3月21日 [休館日/月曜日(3月21日開館)]

大正から昭和にかけて京都を中心に活躍した日本画家・小早川秋聲は、鳥取県日野郡

日野町黒坂光徳寺住職の長男として、母の実家がある神戸に生まれました。

本展では、画業初期から晩年に至るまでの代表作や資料を基に、"異色"の日本画家

秋聲の全貌に迫ります。

◆観覧料:一般800円、大学生600円、高校生以下無料

 

最近のイベント情報

加納溥基コレクション+ 備前焼に魅せられて
開催年月日: 令和4年1月12日~4月10日

~土と炎~ 備前焼の3年半ぶりの大きな展覧会。 土と炎の芸術、備前焼をお楽しみください。 ※休館日/...

続きを読む

--------------------------


μ's(ミューズ)コンサート
開催年月日: 令和4年1月29日

~ロボット音楽会~ 鳥取工業高校生が製作した自動演奏ロボット 「μ's(ミューズ)」やMMD(3DC...

続きを読む

--------------------------


因州和紙の歴史
開催年月日: 令和3年12月29日~令和4年1月30日

1200年以上も前から続いている鳥取市青谷町 山根の因州和紙。手すき和紙の技術と伝統を 今振り返る。...

続きを読む

--------------------------


明治・大正・昭和の生活道具
開催年月日: 令和4年1月15日~3月13日

~米作りに使用した道具~ 米は、わたしたち日本人の食生活に欠かすことの できないものです。また、単に...

続きを読む

--------------------------


日本画散歩 絵の中に入って楽しむ
開催年月日: 令和3年12月1日~令和4年2月28日

足立美術館 冬季特別展 絵画を鑑賞する際、絵の中に入り込んだ気分に なって作品を見ると、いつもとは違...

続きを読む

--------------------------


ベートーヴェン生誕250年記念 交響曲連続演奏会Vol.4
開催年月日: 令和4年1月23日

ベートーヴェンは「楽聖」と呼ばれ、「英雄」や 「第九」の逸話や内容に見られるように自由主義で あり、...

続きを読む

--------------------------


若手作家支援展 朝倉弘平 雲わく庭から
開催年月日: 令和4年2月11日~3月6日

鳥取県大山町在住の画家・朝倉弘平の活動を紹介 します。まばゆいほどの色彩感覚と配色を駆使して 生きも...

続きを読む

--------------------------


第25回 浜田こどもアンデパンダン展
開催年月日: 令和4年1月15日~2月6日

由に参加できる展覧会として作品に賞を設けず、 日本国内と浜田市内の小学生に呼びかけてはじまり ました...

続きを読む

--------------------------


DANCE fes・WAN ダンスフェス・ワン ver.13
開催年月日: 令和4年2月11日

ジャンルを超えたダンスの祭典 ダンスフェス・1 発祥の地にカムバック! 《プレイガイド》 米子市文化...

続きを読む

--------------------------


今井美術館収蔵品 花言葉展
開催年月日: 令和3年11月29日~令和4年2月18日

今井美術館が所蔵する作品の中から、「花」 「華」を題材に描かれている作品を抜粋し、花言葉 と共に紹介...

続きを読む

--------------------------


山陰の仲間たち

陶山税理士事務所

山陰のイベント情報

山陰PALネット

MICHIエテルナビューティ

補聴器の店YONAGO

珈琲屋吹野