山陰の美術館・博物館情報

【年末年始の休館、また内容が変更になる場合があります。ご確認のうえお出かけ下さい。】

bijyutukan.gif 米子市美術館 ℡0859-34-2424 休館日:毎週水曜日

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

 

【 生誕100年記念「杵島隆:不滅のパイオニア精神(スプリット)米子会場 】

2020年10月25日~11月29日 [休館日/なし]

米子市出身の写真家・杵島 隆[きじま・たかし/1920-2011]の生誕100年を記念し、

米子市美術館と鳥取県立博物館の収蔵品を中心に、その作品を紹介します。

◆観覧料 一般330円、大学生以下無料

 

【 若手作家支援展「マツダケン展 みせられるもの」 】

2021年1月24日~2月21日

米子市出身の画家でイラストレーターのマツダケン。ペンと水彩が織りなす繊細な作風は、

SNSを中心に注目を集め、2019年から関東に拠点を移し活動の幅を広げています。

◆観覧料 無料

 

bijyutukan.gif 足立美術館 ℡0854-28-7111 年中無休

 

◆入館料 大人:2300円、大学生:1800円、高校生:1000円、小中生:500円

【 秋季特別展 2020 】

●日本画ベストアーティスト10 とっておきの名画ずらり

2020年8月31日~11月30日

当館のコレクションを代表する10人の巨匠たちの名画をご紹介します。

横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、菱田春草、上村松園、橋本関雪、

安田靫彦、川端龍子、榊原紫峰、伊東深水と、画風や題材は様々ですが、

いずれも近代の日本画壇で数々の名作を発表し、確固たる地位を築いた<

巨匠たちです。足立美術館の10大巨匠による、とっておきの名画をお楽しみください。

 

【 冬季特別展 2020 】

●愛の日本画 あふれる愛情、慈しむ心

2020年12月1日~2021年2月28日

日本画に描かれた「愛」をテーマに、男女の愛情、家族愛、友愛、

動物への愛など、様々な愛が感じられる作品をご紹介します。

心温まる愛の日本画をお楽しみください。

 

bijyutukan.gif 島根県立美術館 ℡0852-55-4700 休館日:火曜日

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

 

【 企画展 ランス美術館コレクション 】

風景画のはじまり コローから印象派へ

2020年9月12日~11月3日

リニューアル休館中の同館コレクションにより、コローの傑作の数々をはじめ、

バルビゾン派の画家たちやギュスターヴ・クールベ、ウジェーヌ・ブーダン、

そして、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、

そして、カミーユ・ピサロら印象派へと至る19世紀フランス風景画の流れを紹介します。

19世紀フランス風景画の流れを紹介します。

◆観覧料:一般1000円、大学生600円、高校生以下300円

感染症対策のため、ご観覧の前に日時指定をお願いします。

 

【 コレクション展 日本画:墨で描く 】

2020年9月30日~11月16日

狩野派や南画、四条派など流派によって水墨表現はさまざまに発展しました。

モノクロームだからこそ感じられるグラデーションや筆勢、余白のセンスを/p>

楽しめます。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

【 コレクション展 洋画:洋画名品選「戦前篇」 】

2020年8月5日~2021年1月4日

高橋由一、青木繁、岸田劉生、藤田嗣治、松本竣介など

明治期から太平洋戦争終結までに描かれた作品を厳選して展示します。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

【 コレクション展 西洋絵画:水辺の風景 】

2020年8月5日~2021年1月4日

当館では「水を主題とする絵画」を収集方針のひとつとしており、

水辺が描かれたさまざまな絵画を収蔵しています。

西洋の画家たちの水辺の風景をご覧下さい。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

【 コレクション展 版画:島根県立美術館の浮世絵 】

-北斎・広重を中心に-

2020年10月14日~11月16日

2つの優れた個人コレクションを中心とした、約3000点の浮世絵が

収蔵されています。その中から、葛飾北斎や歌川広重の錦絵・摺物・

版画・肉筆画等、約30点を展示します。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

【 コレクション展 工芸:河合寛次郎生誕130年 】

2020年8月19日~2021年1月11日

河井寬次郎の生誕130年を記念し、時代によって大きく

移り変わった河井寬次郎の多様な作品をご紹介します。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

【 コレクション展 写真:没後20周年記念 植田正治とその時代 】

2020年10月1日~2021年1月11日

没後20年を記念して、写真への愛情に満ちた植田の作品と同時代

を生きた仲間の作品群を約100点展観します。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

【 コレクション展 彫刻・小企画:青木世一 合板でつくる立体名画 】

2020年10月8日~12月20日

著名絵画をベニヤ板で立体化する「AOKIT」シリーズを展開する

作家・青木世一の作品をご紹介します。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

bijyutukan.gif 島根県立石見美術館 ℡0856-31-1860 休館日:毎週火曜日

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

 

【 企画展:永田コレクション名品展 展示室D 】

2020年9月26日~11月23日

江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎は、国内外で最も高く評価されている

日本の絵師の一人です。北斎に関する個人コレクションの中で質、量ともに

世界屈指の水準を誇っているのが、島根県津和野町出身の北斎研究者

永田生磁氏が蒐集した作品群です。総数2400点近い「永田コレクション」は、

2017年度に島根県に一括寄贈されました。

永田コレクションの主要な作品約330点を前期・後期に分け、北斎の生涯と

画集を紹介します。

◆観覧料:一般1000円、大学生600円、小中高校生300円

 

【 受贈記念 澄川喜一展 展示室C 】

2020年9月10日~11月30日

このたび、島根県鹿足郡吉賀町出身の彫刻家で、島根県芸術文化

センター長である澄川喜一の彫刻作品等が、島根県に寄贈されることが

決定しました。

寄贈される作品群から厳選して展示します。

◆観覧料:一般300円、大学生200円、高校生以下無料

 

bijyutukan.gif 島根県立古代出雲歴史博物館 ℡0853-53-8600

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

【 企画展 編纂1300年 日本書紀と出雲 】

2020年10月9日~12月6日 [休館日/10月20日、11月10日]

『日本書紀』とそれにみえる神話・伝承、さらには解釈のありようを、

歴史・美術・民俗などの文化財を通じて紹介いたします。

そのなかで「出雲」がどのように捉えられてきたかについても

再確認できる機会となれば幸いです。

◆観覧料:一般700円、大学生400円、小中高生200円

 

bijyutukan.gif 鳥取県立博物館 ℡0857-26-8042 休館日:毎週月曜日

 

◆入館料 企画展ごとに別途入館料を定めています。

 

【 ザ・フィンランドデザイン展+ 】

2020年10月10日~11月15日

200年にわたりフィンランドという国を支えた染織、および

ガラス工芸の分野の名品を中心に、彩りに溢れ、創造性に満ちたデザイン・

プロダクツの数々を、フィンランドのタンペレ市立歴史博物館、

コレクション・カッコネン、フィンランド・デザイン・ミュージアムなどの

コレクションを中心とする約250点の作品と約80点の関係資料で紹介します。

◆観覧料:一般1000円、大学生以下無料

 

【 杵島隆 不滅のパイオニア精神(スピリット) 】

2020年10月14日~2021年1月31日

鳥取県が生んだ戦後広告写真界のパイオニア・杵島隆の生誕100年を

記念し、米子市美術館と鳥取県立博物館の共同企画により、

両館のコレクションを中心に「杵島隆―不滅のパイオニア精神」を

開催します。

◆観覧料:一般180円、大学生以下無料

検索

最近のイベント情報

出雲オペラ プレコンサート
開催年月日: 令和2年12月20日

芸術の神髄 音楽とは。オペラとは。生きるとは。 ウィズ・コロナの時代の中で オペラ歌手として激動の時...

続きを読む

--------------------------


ガラスでツリーつくり
開催年月日: 令和2年12月5日・6日・12日・13日

ガラス面に好きな色のガラス粒を乗せて オリジナルのクリスマスツリーを 作ってみよう☆ ※要予約/各回...

続きを読む

--------------------------


陸次郎工房ろくでもない木工作品展
開催年月日: 令和2年12月1日~令和3年1月19日

智頭町の陸次郎工房さんの木工作品を 展示いたします! ※休館日/水曜日(祝日の場合は翌日)  年末年...

続きを読む

--------------------------


シリーズ ミュージアムとの創造的対話03
開催年月日: 令和2年11月28日~12月27日

何が価値を創造するのか? 「ミュージアム」という場所や従来の枠組みに とらわれず、実験的で多彩な表現...

続きを読む

--------------------------


神と仏-中・近世の佐太神社-
開催年月日: 令和2年11月15日~令和3年2月14日

佐太神社は天平5年成立の『出雲国風土記』では、 「佐太御子社」と書かれています。 国引き神話にみえる...

続きを読む

--------------------------


第67回 日本伝統工芸展
開催年月日: 令和2年12月2日~25日

日本伝統工芸展は工芸界最大規模の公募展で、 優れた工芸技術の保護育成を目的に、昭和29年 以来毎年開...

続きを読む

--------------------------


ウィンターナイトフェスティバル2020
開催年月日: 令和2年12月12日~(詳細記載)

1万株の花々が満開の花の大温室内をメインに、 約7万球のイルミネーションやライトアップ、 キャンドル...

続きを読む

--------------------------


古希記念 桂南光独演会
開催年月日: 令和3年1月31日

桂南光の古希を祝う独演会。 今回の公演では全国屈指の人気落語家 桂ざこば、 その後に続く世代の米紫、...

続きを読む

--------------------------


フラワーイルミネーション in とっとり花回廊
開催年月日: 令和2年11月13日~令和3年1月11日

日本最大級のフラワーパークを舞台に100万球の 光がきらめくイルミネーションを、全エリアで デザイン...

続きを読む

--------------------------


冬のあしおと vol.7
開催年月日: 令和2年12月4日~7日

いそがしい女子となかまたちの展覧会 ※イソジョ  岸本裕美子、中尾和子、山本ふさえ ※ふーちゃん先生...

続きを読む

--------------------------


山陰の仲間たち

陶山税理士事務所

山陰のイベント情報

山陰PALネット

MICHIエテルナビューティ

補聴器の店YONAGO

珈琲屋吹野


メールマガジンの購読

次のフォームからメールアドレスを登録するだけで、このサイトのブログをメールで受け取ることができます。どうぞご利用ください。


メールマガジン購読解除

メールマガジンの購読を解除するには、次のフォームにメールアドレスを入力して「購読を解除」をクリックしてください。


RSSフィードの設定