菊竹清訓 山陰と建築

さんいんパル
0
イベント開催年月日: 令和3年1月22日~3月22日

竹清訓は、島根県立美術館の設計を手がけた戦後
の日本を代表する建築家です。

自邸・スカイハウス、出雲大社庁の舎といった作品や、
建築運動「メタボリズム」などによって、国際的
にも高い評価を受けています。

島根県では、知事も務めた第23代田部長右衛門
との関係から、当館の前身である島根県立博物館を
はじめ多くの建築を設計しました。

菊竹清訓の没後10年に開催される本展では、菊竹に
よる山陰地方の建築に加え、代表的な作品や、
生涯を通じて取り組んだ未来都市の構想を紹介し、
菊竹建築の魅力を紹介します。

※休館日/火曜日(2月23日は開館)
※事前の日時指定による定員制
※当日空きがある場合はご観覧いただけます。


  • 開催年月日 : 令和3年1月22日~3月22日
  • 開催時間 : 午前10時~午後6時30分(3月午前10時~日没後30分)
  • 開催場所 : 松江市袖師町 島根県立美術館
  • 参加条件 : 事前日時指定
  • 参加費用 : 一般600円、大学生400円、高校生以下無料
  • お問い合わせ先 : 0852-55-4700(島根県立美術館)

お願い

コロナウイルスにより掲載イベントの延期・中止が発表されています。詳細等は事前に主催者にご確認・お問い合わせいただきますようお願いいたします。

今月のイベント

山陰の仲間たち

陶山税理士事務所

山陰のイベント情報

山陰PALネット

MICHIエテルナビューティ

補聴器の店YONAGO

珈琲屋吹野


a