風景画のはじまり コローから印象派へ

さんいんパル
0
イベント開催年月日: 令和2年9月12日~11月3日

ランス美術館コレクション
フランスの古都からの素敵な贈りもの

フランス、シャンパーニュ地方の古都フランスは、
歴代国王の戴冠式が行われた歴史とともに、その名の
通りシャンパーニュ(シャンパン)の産地として
知られています。
本展ではリニューアル休館中の同館コレクション
により、コローの傑作の数々をはじめ、バルビゾン派の
画家たちやギュスターヴ・クールベ、ウジェーヌ・
ブーダン、そして、クロード・モネ、
ピエール=オーギュスト・ルノワール、
カミーユ・ピサロら印象派へと至る19世紀
フランス風景画の流れを紹介します。

※休館日/火曜日(9月22日、11月3日は開館)
※感染症対策のためご観覧の前に日時指定をお願いします。
※日時指定は美術館ホームページにて8月12日開始


  • 開催年月日 : 令和2年9月12日~11月3日
  • 開催時間 : 午前10時~日没後30分(10月・11月は午後6時30分まで)
  • 開催場所 : 松江市袖師町 島根県立美術館
  • 参加費用 : 企画展一般1000円、大学生600円、小中高生300円
  • お問い合わせ先 : 0852-55-4700(島根県立美術館)

お願い

コロナウイルスにより掲載イベントの延期・中止が発表されています。詳細等は事前に主催者にご確認・お問い合わせいただきますようお願いいたします。

山陰の仲間たち

陶山税理士事務所

山陰のイベント情報

山陰PALネット

MICHIエテルナビューティ

補聴器の店YONAGO

珈琲屋吹野


a